高価買取
ドコよりも高く買い取らせていただきます。自信のない車もあきらめないで是非ご相談を・・・!
過走行、程度が悪い、修復歴があるなど「ちょっと自信ないなぁ~」なんて気にしなくても「最大限の評価」をいたします!
日本の車は世界中で大人気です!
世界規模で流通ルートを探し、少しでも高く買取れる様スタッフ一同頑張ります。
お客様の愛車が海外で活躍するかもしれません。
買取の流れ
買取の流れ ステップ1
買取の流れ ステップ1 まずは車検証を用意して 0463-26-5532 へTELもしくは、メール自動査定サービスへお進みください。
車名、年式、グレード、オプション、走行、色などの簡単な質問をさせて頂きます。
おおよその買取予定金額をお伝えすることが出来ます。

メールでのお問い合わせのお客様には、24時間以内に返信にてお伝えいたします。
買取の流れ ステップ1
買取の流れ ステップ1 無料出張査定は、専門スタッフが迅速に対応いたします。
査定は10分~20分程度の時間がかかりますが、適正かつ最大限の買取金額を算出いたします。

お客様も愛車を大切に乗られていたことをお伝えください。
当社は、お客様の気持ちもしっかり査定します。
買取の流れ ステップ1
買取の流れ ステップ1 買取金額決定!買取金額にご納得して頂ければ、売買契約書を交わして売買成立!
書類手続きのご説明をします。

続いて、お車を引き取らせて頂きます。

代車の特約をご利用して頂いたお客様には、お車のお引取時に代車と入れ替えます。
買取の流れ ステップ1
買取の流れ ステップ1 書類手続きが完了した後、原則、現金にてお支払いいたします!
名義変更も迅速に行います。
創業14年の実績で安心、確実に実行します。
名義変更は郵送にてご報告します。
買取の流れ
通常クレジットの残っている車は、ローンが終了するまで信販会社やディーラーが所有者となります。
車検証の所有権欄に信販会社やディーラーの名前が記載された車両は、売却時ローン残債を一括返納しなければ、記載された所有権を外すことは出来ません。

当社は、売買が成立した場合お客様に代わり売買成約金額の中から一括精算し、これを控除した差額をお客様にお支払いたします。

また残金が買取金額を上回った場合も、差額のみをお客様に負担して頂ければ、お車の売却は可能となります。
買取について
■代車無料サービス
次の車が納車されるまでの間、「車が無いと困る」というお客様のために、代車を無料で一定期間お貸ししております。

■売却に必要な書類
【必要な書類】
(1)実印
(2)印鑑証明
(3)自動車検査証
(4)自賠責保険証
(5)自動車税の納税証明書(直近)
(6)リサイクル券(預託済みの場合)
(7)整備手帳・取扱説明書(その他、保証書など)
(8)住民票(移転の場合)

【その他署名押印いただく書類】
(1)譲渡証明書
(2)自賠責保険承認証明書
(3)委任状 など
■査定に必要な書類
【必要な書類】
(1)自動車検査証

【なるべくご用意いただきたい書類】
(1)整備手帳
(2)保証書
車を高く売るためには
買取の流れ ステップ1
査定の際は、クルマの年式や走行距離、そして人気のカラーなどが重要なチェック項目となりますが、もう一つ忘れてならないのが内外装! 外装・内装の状態は、そのクルマが大切にされていたかどうかを判断する重要な基準になります。
もちろん中古車を購入する人も、キレイなクルマを選ぶものです。
ですからクルマを洗車しておくだけでも査定時の印象は変わってくるのです。
内装やトランクなども掃除機などでキレイにしておけばポイントはアップは間違いなし!
査定金額を高くするなら、まず洗車と掃除が基本です。
買取の流れ ステップ1
クルマも長年乗っていると、走行中に小石を跳ね上げて小さなキズができたり、洗車時に細かいキズがついたり。
でも、そんな軽度のキズは自分で補修することができます。
査定の前にはきちんと洗車してクルマを細部までチェック!
もし、細かいキズが目立つようであれば、コンパウンドで磨いてキレイにしておきましょう。
ちょっとした手間をかけるだけで、クルマは見違えるようにキレイになるものです。
査定のポイントを少しでも高くするなら、しっかりチェックときちんと補修が基本です。
※大きなキズやへこみがある場合は、修理にお金と時間がかかってしまいます。
直している間に、売るタイミングを逃してしまうこともあるので、そのまま査定に持ち込んだほうが得策でしょう。
買取の流れ ステップ1
日々、価格が変動する中古車市場! 車種によって売れ筋のシーズンがあり、2~ 3週間で10~20万円の価格差が生じることもあります。
特に夏と冬のボーナスシーズンは需要が高 まることから、売却するにはねらい目の時期となります。
もしクルマの買い替えを考えているのなら、 なるべく早めに愛車を査定してもらいましょう。
相場を把握しておけば、市場の価格動向を考慮しながら、売る タイミングや予算を立てることができます。
中古車は少 しでも新しい方が市場価格は高くなるのが基本。
できるだけ高く売りたければ、早めの査定・ 売却を心がけましょう。
買取の流れ ステップ1
クルマに搭載されているCDやMDプレーヤーなどのオーディオ機器、エアコン、カーナビゲーションといった装備は、査定の際にはプラスポイントになります。
なかでも道路案内・渋滞情報を表示してくれる便利な機能満載のカーナビは今や必須の人気アイテム!
カーナビが付いているか否かで査定時のポイントもぐんと違ってきます。
しっかりアピールしましょう。
また愛車を査定する前に、うした各種装備・機器の動作を点検し、きちんと作動するかどうかを確認しておくことも大切です。
買取の流れ ステップ1
中古車市場では「事故車」は価格が下がります。 事故歴があるとクルマの商品としてのイメージが悪くなり、ユーザーが敬遠するからです。 そもそも「事故車」とは、どんなクルマを指すのでしょうか。
一見、事故で損傷を受けたクルマはすべて“事故車”になると思いがちですが、実はそうではありません。 中古車の査定基準では交通事故や災害などにより、クルマの骨格等に欠陥が生じたもの、あるいはその修理歴のあるクルマのことを「事故車」と規定しています。
つまり、クルマの骨格部分を交換・修復した場合は、事故歴があるとみなされますが、「バンパーをこすった!テールランプをぶつけてしまった!」程度では、「事故車」ではないということ。
査定の際の基礎知識として覚えておくと役立ちますね。 自分で判断するのではなく、まずはプロの査定員にご相談下さい。
買取の流れ ステップ1
クルマの購入時に搭載されていた付属品類は、日頃から車内などにしっかり保管し、なくさないようにしましょう。 特に「取扱説明書」「整備手帳(保証書)」などは、クルマを査定する際にも必要です。 高年式のクルマの場合、ディーラーの保証を、次の持ち主に受け継ぐため、必ず必要となります。
愛車を売る場合は、忘れずに準備しておきましょう。 こうした付属品の有無も、査定時の重要なポイント。 大切に保管しておくように心がけましょう。
社外のハンドル、マフラー、アルミ等に交換した場合も純正部品を保管しておき、売却時に一緒にお出し下さい。